HOME › 金吾ブログ

金吾ブログ

今年も咲きました(^^)

2014年3月 6日

皆様こんにちは。
焼きたてシフォン工房金吾です。

花粉症の症状が出てきたら春を感じます・・・ってお話しましたけど

シフォンケーキを焼いている我が工房の前に小さなスペースがありまして
そこに一昨年。
実家の沈丁花を剪定した時に出た枝を挿していたんですね。

20本ぐらい挿していたんですが、一本枯れ、二本枯れ・・・・
気が付くと何もなくなってました(^^;

と思っていたら一本だけ残ってくれていたんです。
去年には少し花をつけてくれたんです。

そして今年。
去年とは比べ物にならないぐらい成長して花も咲きました
IMG_0292.jpg
しかもまだまだつぼみがついています。
なんか枝から大きくなってくれたらかわいいですね(^^)

シフォンケーキを焼いているときのちょっとした癒しを私にくれています。

さて、今日もおいしくて安心安全なシフォンケーキを焼きますね(^^)

うれしいお知らせが届きました。

2014年3月 4日

皆様こんにちは。
焼きたてシフォン工房金吾です。

私の鼻がムズムズしてきたら・・・

春ですね(笑)

さて。
昨年のクリスマスケーキ用にとシフォンケーキをご購入していただいたお客様からうれしいお知らせが届きました。
皆様ご家庭で思い思いのデコレーションを楽しんでいただいたみたいで本当にうれしいです。

子供たちの笑顔がシフォンケーキの美味しさを何よりも語ってくれています。

IMG_0700.jpg
IMG_0703.jpg

IMG_0189.jpg

IMG_0181.jpg

これからもおいしくて体にとっても優しいシフォンケーキを頑張って焼かないとって
心から思いました。

画像提供本当にありがとうございました。
こんなうれしいお知らせに勝る元気のもとはありません(^◇^)

卵アレルギーの不思議

2014年2月26日

皆様こんにちは。焼きたてシフォン工房金吾です。

今日は金吾で使用している玉子のお話を・・・・

初めにお断りしておきますが、アレルギーは大変恐ろしいものです。
金吾で使用している玉子がアレルギーを起こさないという内容ではありませんので
くれぐれもご注意ください。

最近よく聞きます
「アトピーがあるから玉子食べられないんです」
そのアトピー。
本当に玉子に反応しているのでしょうか?

もちろん純粋に玉子の成分に反応してアレルギー反応が起きる方もいらっしゃいます。

でも、卵アレルギーだって思ってらっしゃる方の中に
実は玉子に使用している薬品に反応している方がいらっしゃるんです。

あまり知らされていませんが。玉子は消毒液の中にどっぷりつけてから出荷されます
卵の殻には酸素を取り込む微細な穴が無数にあいているのをご存知ですか?

当然消毒液が殻を通り越して中に入ってきます。その薬品が悪さをしている場合があるんです。

金吾で使っている玉子は無投薬無消毒玉子です。
IMG_0265.jpg
生産者の中村さんがこだわりぬいて育てている元気な鶏
消毒の必要が無いんです。

中にはこの玉子だったらアトピーが出ないんで安心して食べられるようになりましたって方もいらっしゃいます。

重ねて書きますが、純粋に玉子に反応される方もいらっしゃいますので
卵アレルギーって診断された方は食べたらだめですよ。

それだけ薬品は体に悪さをするんですね。

焼きたてシフォン工房金吾ではそのこだわり玉子を少しでも新鮮な状態で使いたいから
生産者さんまで一時間の道のりを取りに行っています。

金吾の屋島シフォンの美味しさは小言う風にこだわってくださっている生産者の方たちに支えられているんですね

これからもがんばってください。
いつもありがとうございます。

リビング紙に掲載されました。

2014年2月25日

皆様こんにちは、焼きたてシフォン工房金吾です。

そろそろ花がムズムズしてきました。。。
ついに私の苦手な季節に突入です・・

あぁ。憂鬱(笑)

さて、そんなムズムズを吹き飛ばす出来事がありました。

焼きたてシフォン工房金吾が地元のリビング紙

リビング高松に紹介されました。
しかも一面(@_@;)
IMG_0268.jpg
さっそくご覧になったお客様からお問い合わせをいただいています。

この記事を見てくれたお客様のご期待を裏切らないようにいつものように大切に一つ一つお焼きいたしております。

もっともっと数多くのお客様に、本物の材料の素晴らしい風味を味わっていただきたいですね。

窯の話

2014年2月23日

皆様こんにちは、焼きたてシフォン工房金吾です。

さて、たまにはお菓子屋らしく(^^;
工房の道具の話を・・・

うちの工房で使ってている窯は、一般のオーブンとは違うんです。
まさに「窯」って言ったほうがしっくりくる代物です。

なんといっても密閉度と焼きむらの無さはいろんな業務用オーブンを使ってきましたが
うちの窯は本当に素晴らしい。

200度で焼成中も外側触れますし熱くないんです。

しかも。
窯の奥と扉のすぐ手前でクッキーを焼いても全く同じ焼き加減で焼けるんです。

手前味噌ですが
本当に素晴らしい窯。

上手にできないのを道具のせいにする人は素晴らしい道具を手に入れても素晴らしいものは作れない
私の持論ですが、
うちの窯が、屋島シフォンのふわふわしっとりの一端を作り出しているのもまた確かな事実でした(^^;
20131005_121738.jpg
今日も、最高の窯の中で最高のシフォンが焼けています。
どうぞご賞味ください(^◇^)

‹ 前へ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20

RSS

商品カテゴリー

  • シフォンケーキ
  • ほろほろクッキー
  • フィナンシェ
  • ほろほろクッキーとフィナンシェのセット

お客様の声を募集しています!

ごあいさつ

工房がある、香川県高松市の『屋島』歴史の深い山あり、穏やかで優しい海あり・・・私達夫婦が、愛してやまない場所です。焼きたてシフォン工房金吾のシフォンケーキも、そんな屋島のように、力強く優しい味を目指して『屋島シフォン』と名付けました。毎日毎日心をこめて大切に焼きたてをお届けしています。